BLOGブログ

ブログ

ストレスを解消する栄養素

◎カルシウム

カルシウムには脳神経の興奮を抑える働きがあり
イライラを抑えるといわれています。

カルシウム不足により脳神経の興奮を抑える働きが弱まるため
カルシウムを多く含む食品は積極的に摂取する必要があります。


カルシウムを多く含む低糖質食品としては、以下がオススメです。

(※各食材の栄養成分は100g当たりの計算値です。)

・プロセスチーズ:カルシウム 630mg、糖質 1.3g

・ししゃも   :カルシウム 330mg、糖質 3.1g

・小松菜    :カルシウム 170mg、糖質 2.4g

・牛乳     :カルシウム 110mg、糖質 4.8g

・木綿豆腐   :カルシウム 93mg、糖質 0.4g



◎ビタミンD

カルシウムの吸収をよくするために欠かせないのが、ビタミンDです。

ビタミンDは天然に含む食品は非常に限られており
一定のビタミンDを摂取することができる食品は限られます。

ビタミンDを多く含む低糖質食品としては、以下がオススメです。


(※各食材の栄養成分は100g当たりの計算値です。)


・まぐろ(くろかじき)   :ビタミンD 38、糖質 0.1g

・サケ           :ビタミンD 33、糖質 0.1g

・いわし          :ビタミンD 32、糖質 0.2g



◎ビタミンA

ビタミンAは、粘膜や皮膚を強くしてくれる作用があるため
免疫力UP効果が期待できます。

さらに、カルシウムを骨にするためにはビタミンAが必要なため、日頃の食事から心がけて摂取しましょう。


ビタミンAを多く含む低糖質食品としては、以下がオススメです。
(※各食材の栄養成分は100g当たりの計算値です。
記載のビタミンAの含有量は、レチノール活性当量で表しています。)


・鶏レバー  :ビタミンA 14mg、糖質 0.6g

・豚レバー  :ビタミンA 13mg、糖質 2.5g

・あんこうの肝:ビタミンA 8.3mg、糖質 2.2g

・うなぎの肝 :ビタミンA 4.4mg、糖質 3.5g

・ほたるいか :ビタミンA 1.5mg、糖質 0.2g



ストレスはダイエットにはもちろん、健康を害する恐れがあります。

健康的な身体でイキイキと生活するためにも
今日ご紹介した栄養素を積極的に摂取し、ストレスに負けない身体づくりをしていきましょう。

ブログ一覧

HOME > BLOG > ストレスを解消する栄養素

〒108-0074
東京都港区高輪4-18-9-B103
© Go fit shinagawa