BLOGブログ

ブログ

トレーニングの原理・原則

トレーニングには原理原則というものが存在します。

これを理解をしているだけで
無駄な労力をかけずに筋トレを行うことが出来ます。

あなたが今トレーニングをしている、
またはこれからトレーニングを始めるつもりである・・・
と、どちらの状況にせよ知っておいた方がいいでしょう。


・トレーニングの3つの原理
・トレーニングの5つの原則


まず、トレーニングには、3つの原理があります。


【トレーニングの3大原理】

1.過負荷(オーバーロード)の原理
一定水準以上の負荷を与えないといけない。


2.可逆性の原理
負荷を与えれば、筋肉はつく。
逆に、筋肉は使わなければつかない。


3.特異性の原理
トレーニングはその種類によって効果が変わり
トレーニングをした部位や動作に効果があらわれる。


【トレーニングの5大原則】

1.漸進性の原則
筋力は超回復によって少しずつ高まる。
筋力の向上にともなって、負荷を上げる必要がある。
トレーニング毎にだんだんと強度を上げていく必要がある。


2.全面性の原則
全身をバランスよく均等にトレーニングすることが大切。
ただし、1か所ずつオールアウト
(これ以上できないという限界まで追い込むこと)する。


3.自覚性の原則
トレーニングの目的を自覚し
トレーニングしている部位に意識を集中する。


4.個別性の原則
自分の体質、体力、体格、骨格にあったプログラムを実施すること。
トレーニングは、他人との闘いではなく、自分自身との闘いである。


5.反復、継続性の原則
トレーニングは
ある一定期間以上、定期的・継続的に行う必要がある。
外見的にトレーニング効果が表れるには
少なくとも3か月以上続ける必要があるといわれている。

・・・要するに、鍛える部位を意識して
(腹筋しているならお腹の筋肉に意識を向けて)
トレーニングで負荷を与えて
休養して、を繰り返すことで筋肉は大きくなるということです。


これらの原理、原則を理解しておくことで
トレーニング効果を高めることができるでしょう。
どれも基本的なことかもしれませんが
知らなかった場合は頭に入れておいてもらえればと思います。

ブログ一覧

HOME > BLOG > トレーニングの原理・原則

〒108-0074
東京都港区高輪4-18-9-B103
© Go fit shinagawa